メールレディは匿名性が高いお仕事

匿名性の高い仕事

「男性に本名は言わないといけないの?」
「会ったこともない人に本名は伝えたくない」
と思っていませんか?実は、メールレディはネット上のお仕事の中でもかなり匿名の高いお仕事なのです。
もちろん会員登録する際にはサイト管理者側に、本名や本人確認のために顔写真を送信する必要がありますが男性会員に公表する必要はまったくありません。
自分のプロフィール画像や自己紹介欄も、バカ正直に載せたり書いたりしなくてOK。
いかに自分を魅力的に魅せるかが勝負なので、写真を過度に加工するのが当たり前なのです。

偽名や年齢のサバ読みは当たり前の世界

メールレディの世界では、年齢や外見を気にする必要はまったくありません。その理由は匿名性の高いお仕事だから。
男性にもし「○○ちゃんって今何歳なの?」と聞かれたとしても、本当の年齢よりも5歳くらい若くいってもバレません。
ただ勘の良い男性は、プロフィール画像で「本当は○○歳くらいなんだろうな」と思っています。
そのため5歳以上サバを読むのはあまりおすすめできません。
ぎりぎり「あれっ思っていたよりも若いね」という年齢に設定しておきましょう。

また本名を聞かれた時も、偽名に使っている名前を本名だと言うのもOK。最初は疑われるかもしれませんが、人間何度も「本当だよ!他の人には内緒ね」とでも言っておけば信じてしまうものです。
本名から身バレしてしまうケースもあるので、本名は絶対に教えないでください。

顔出しする際には対策を!

メールレディでは顔を公表しなくてもお仕事はできます。しかし1度経験したことなら分かると思いますが、顔を公表している人が大半なのです。
そのためもちろん男性は、顔を公表している女性とメールをしたがります。
顔も分からない人とメールするのは、男性からすると「ネカマなのでは?」「サクラか?」とどうしても身構えてしまうのです。
どんな男性でもネカマやサクラには、貢ぎたくないと思ってしまうもの。
そのため顔出しは、男性を安心させるためにも必要な要素なのです。

メールレディとして顔出しをする際には、いつもより濃い化粧をするまたはまったく化粧をせずにナチュラル感をアピールするという方法があります。
その他にも顔を帽子で隠して、ミステリアスな雰囲気を出すという手法も。エッチ路線でがんばりたい方は、顔を写さず胸をアピールするのもOKです。
ひとつ注意してほしいのが、ネットで拾った画像を使わないという点。
ネットで拾った画像は、ネット社会に詳しい男性に見られてしまった場合100%あなたではないということがバレます。
自分が写したオンリーワンの画像で勝負していきましょう。