初心者はアタックメールでアピール

アタックメールを使う

「サイトに登録した!」
「いつメールくるかなあ」
メールレディは、男性からのメールが来るのを待っているとどんどん時間が経っていきます。ライバルはいくらでもいるので、自分からアタックしていくのが大切です。
そんな時に役立つのがアタックメール。自分の存在をアピールするためには、アタックメールの存在は欠かせません。
メールレディ始めたころは、最低でも1週間はアタックメールの送信を頑張りましょう。

アタックメールで猛アタック!

アタックメールとはメールレディが使っている、いわば営業メールです。男性に自分の存在をアピールすることから始めていきましょう。
アタックメールでは、簡単な挨拶からなぜメールしたかの理由を記載しておくと得策です。
大半の男性はたくさん来るメールの中から、吟味してメールをする女性を見つけています。
そのため、男性の気を惹くために文章中に名前を入れたり次はいつメールできるか楽しみといった一文を入れたりするのもひとつの方法です。
メールレディは電話で男性とやりとりをしているわけではないので、いかに文章を魅力的に魅せるかが重要です。

また専用のサイトに登録している男性は、かなりの数がいるので一斉送信機能を使うのがおすすめ。
一斉送信で名前をいちいち入れていると時間がもったいないので、名前を入れなくてもいいような文章を考えておくといいでしょう。
またメールを送信する前にあらかじめ定型文を考えておくのも、ひとつの方法です。

アタックメールのNG例をチェック

アタックメールのNG例は、短文です。さらに短文以上に悪質なイメージを与えるのが、同じ内容を何度も同じ相手に送信することです。
例えば「こんばんは。今日はメールできるかな?」といった内容だけが、何日も送信されてくるとどう感じますか?
いくら可愛げのある女性でも、男性客は呆れてしまいます。それに一斉送信だということがバレバレです。

また短文がNGな理由は、無愛想な印象を与えてしまいます。せっかくメールをしようとサイトを開いた時に、丁寧な文章を送ってきている女性と短文だけの愛想のない文章だと当然丁寧な文章の方が選ばれます。

自分が受け取って嬉しいメールを送るのがコツ

アタックメールを送信する際には、どのようなメールを貰ったら嬉しいかを考えるのが重要です。
「男性からこんなメールが貰えると嬉しいな」と思うメールを書いて、男性にアピールしていきましょう。